秦野商工会議所
 H O M E  企業案内 貸室のご案内 入会のご案内 交通アクセス 関係リンク集

八重桜が薫るスパークリングワイン
 ―「八重桜の里 千村」発売―
 


「八重桜の里 千村」

 当所特産品研究会では、秦野市千村で生産されている八重桜を使った八重桜ワイン(スパークリングワイン)「八重桜の里 千村」を発売します。

 桜(花言葉 「優れた美人」)は、日本人にとって馴染み深く、卒業や入社など節目の季節に咲くことで印象に残る花でもあります。今後、お祝い事や贈答品用として販路拡大を図ります。


1.発売日
 平成20年12月10日(水)に市内小売店で、1,200本限定販発売。
  ※ アルコール度数8度、500ml、1,365円

2.発売までの経過
 秦野商工会議所では、平成18年度から秦野ブランド発掘育成事業を展開していて、初年度には、ブランドコンセプトとブランドネームをとりまとめ「丹沢はだの自然の恵み」という統一ブランドネームを作りました。
 平成19年度には、特産品である落花生を使った落花生種皮焼酎「らっかんしょ」を発売。第2弾の八重桜ワインは、全国有数の生産量を誇る八重桜に注目。最近、街おこしのため各地で特産品のワインが販売されていますが、差別化を図るためにスパークリングワインとしました。
 爽快な口当たりの中、ほのかな桜の香りをお楽しみください。
 ※平成16年には秦野商工会議所観光飲食部会が開発した「はだの八重桜の里アイスクリーム」も販売されています。

3.名称について
 ネーミングは、消費者への印象、インパクトを与えるため地名そのものずばり「八重桜の里 千村」としました。春には日本有数の生産量の八重桜が咲き誇り、周辺の山頂からは箱根の山並みが望まれ、春先には見事なパノラマが広がる千村地域の活性化につながればと命名しました。

4.秦野の八重桜
 千村で生産されている桜漬けの原料となる八重桜は、江戸時代から地元神社の祭り費用を捻出するために摘まれていたほか、かつて矢倉沢往還の茶屋で桜湯を出していたことに始まります。
 約130件の農家で約2,500本の八重桜があるといわれています。毎年4月第2週から第3週頃にかけて、7、8分咲きのものを摘み取り、地元農家で組織する千村若竹会加工部がその一部を桜の塩漬けとして加工するほか、残りは小田原市内の業者などに出荷しています。
 年間出荷量は15〜20トン程で全国シェア7〜8割といわれています。また、千村で生産された八重桜を使った八重桜の塩漬けは「かながわの名産100選」に選定されています。

 


スパークリングワイン 「八重桜の里 千村」 取扱店
                             (順不同・敬称略)
店  名 住  所 電話番号
拠村酒店 秦野市沼代新町9−21 88-3333
Xかみむら酒店 秦野市曲松1−1−13 88-0017
去R久酒店 秦野市春日町9−1 88-2680
給エ本酒店 秦野市曲松2−1−36 88-0065
居a沢酒店 秦野市渋沢2−14−12 88-1026
飛附屋酒店
(とびつきやさけてん)
秦野市今川町5−9 81-0474
デイリーヤマザキ秦野藤棚店 秦野市寺山263 81-0657
露木酒店 秦野市幸町4−31 81-0639
いがらし酒店 秦野市栄町9−16 81-0551
岩田酒店 秦野市栄町7−17 81-0508
扶士本 秦野市寿町5−3 81-0656
相原酒店 秦野市本町1−6−2 81-0515
小野酒店 秦野市本町2−9−9 81-0530
山口屋酒店 秦野市本町3−10−5 81-0545
X華屋酒販 秦野市曽屋5819−12 81-0655
挙。屋酒店 秦野市今川町2−12 81-0718
ampm秦野宿矢名店
(飯田酒店)
秦野市南矢名319 77-8900
タイムズマート鶴巻温泉店 秦野市鶴巻1402−10 76-8070
牛kエ丑五郎商店 秦野市鶴巻3−2−2 77-8007


このポスターを目印に

HOME秦野商工会議所ホームページへ戻る

秦野商工会議所 〒257-8588秦野市平沢2550-1  TEL(0463)81-1355  FAX(0463)82-0273