神奈川県からのお知らせ

新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金について

 

 

1 事業の趣旨

新型コロナウイルス感染症拡大を防止するため、県の要請や依頼に応じて、休業や営業時間の短縮に御協力いただいた中小企業、個人事業主(以下、「事業者」といいます。)の皆様に対し、協力金を交付いたします。
 

2 交付額

  • 県の休業要請を受けて休業した事業者、又は、県の営業時間の短縮要請を受けて営業時間の短縮を行った事業者にあっては、下表の金額を交付します。

  ※ 県が要請等を行った施設はこちら ⇒ 神奈川県緊急事態措置対象施設一覧

  ※ 要請等の対象施設の具体例 ⇒ お問い合わせの多い施設

対象事業者 条   件 交付額

休業要請を受けた施設の事業者

(飲食事業者を除く)

休業した場合 県内の事業所全てが自己所有 10万円

県内の事業所のうち、

賃借している事業所が1か所

20万円

県内の事業所のうち、

賃借している事業所が2か所以上

30万円
飲食事業者

営業時間の短縮をした場合

(営業時間を短縮する代わりに休業した場合も含む)

10万円


3 交付要件等

  • 神奈川県の緊急事態措置により、施設の使用停止や営業時間の短縮要請を受けた事業者であること。
  • 少なくとも令和2年4月24日以降、県内にある事業所で休業や営業時間の短縮に協力いただいていること。
  • 令和2年4月10日以前に開業しており、営業の実態があること。
  • 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律第2条に規定する暴力団員等に該当しないこと。

  交付要件判定コーナー


4 注意事項

この協力金は、令和2年4月補正予算が神奈川県議会で可決された場合にのみ実施するものとします。


最新の情報や、よくある質問などはこちらからご確認ください。

 

ページトップ