文字サイズ

地方独立行政法人神奈川県立産業技術総合研究所(KISTEC)
□■実習・セミナー開催のお知らせ■□
1.金属組織観察実習~バルク材料編~少人数制実習(各回定員2名)
2.機器分析入門セミナー ~様々な分析装置の基礎を学ぶ~
3.機械材料基礎セミナー ~金属の機械的性質から加工まで~

  1. ◆金属組織観察実習~バルク材料編~ 少人数制実習(各回定員2名)

    金属材料の力学特性の違いは、金属組織と密接な関係があります。そのため、光学顕微鏡による金属組織観察の結果には、基礎的で重要な情報が多く含まれており、破断面観察、硬さ測定と併せて故障解析の重要な手法の1つです。
    本研修は、初心者を対象にした企業の人材育成に最適なプログラムです。機械構造用鋼の焼ならし材、焼入れ材、調質材のバルク材料に関する講義と実習を通じて、金属組織観察手法の習得を目指します。

    開催日時:
     第1回 5月30日(月)、31日(火)  2日間 9:30~16:30
     第2回 6月20日(月)、21日(火)  2日間 9:30~16:30
     第3回 7月11日(月)、12日(火)  2日間 9:30~16:30
    開催方法:地方独立行政法人神奈川県立産業技術総合研究所(KISTEC)海老名本部
    受講料:30,000円(税込・テキスト代込)
    募集締切:
     第1回5月16日(水)
     第2回6月1日(水)
     第3回6月23日(木)
    定員:定員2名(先着順、各回1企業1名様までのお申込とさせていただきます)
    詳細申込:https://www.kistec.jp/learn/sme/metallographicobservation1/
  2. ◆機器分析入門セミナー ~様々な分析装置の基礎を学ぶ~

    電製品の開発過程や製造時のトラブル原因の解明などにおいて、機器分析は必要不可欠なツールとなっています。的確な分析結果を得るためには、各分析機器の原理を正しく理解し、適切な分析方法を選択する必要があります。また、外部機関に分析を依頼する場合でも、どのような分析を依頼するかの判断や、分析結果の正しい解釈のために、分析機器に関する一連の知識が必要となり
    ます。
    本セミナーは、企業の若手技術者や機器分析関連業務の経験が浅い方向けに、各種機器分析の原理や用途、データの見方などについて広く学んでいただける内容となっています。機器分析で重要なことや試料の取り扱いなどの基本的なところから、分離分析や構造解析、表面分析、熱分析など様々な分析機器について学ぶことができます。

    開催日時:令和4年6月17日(金)、24日(金)、7月1日(金) 3日間 13:00~17:00
    開催方法:オンライン(Zoom)
    受講料:26,000円(税込・テキスト代込)
    募集締切:令和4年5月25日(水)
    講師:米森重明(米森技術士事務所)
    詳細申込:https://www.kistec.jp/learn/sme/analysisseminar/
  3. ◆機械材料基礎セミナー ~金属の機械的性質から加工まで~

    機械を構成する金属を扱うためには、材料に対する幅広い知識が必要になります。16日間におよぶ本セミナーは、昨年までの短期コースでのセミナーとは異なり、金属の機械的性質から加工技術まで一貫して学んでいただける内容となっています。
    是非、新人研修の一環としてご活用ください。
     
    開催日時:令和4年7月4日(月)~9月6日(火) 全16日間 13:00~17:00
    開催方法:オンライン(Zoom)
    受講料:128,000円(税込・テキスト代込)
    募集締切:令和4年6月13日(月) 
    詳細:https://www.kistec.jp/learn/sme/machinematerialbasicseminar/

▼お問い合わせ先

地方独立行政法人神奈川県立産業技術総合研究所(KISTEC)
人材育成部 教育研修課 産業人材研修グループ
TEL:046-236-1500 E-mail:sm_sangyoujinzai@kistec.jp

ページトップ