文字サイズ

秦野市・工業部会
工業技術見本市「テクニカルショウヨコハマ2019」出展

 2月6日(水)~8日(金)、パシフィコ横浜展示ホールA・B・Cにおいて、神奈川県下最大の工業技術・製品に関する工業技術見本市「テクニカルショウヨコハマ2019」が開催されました。
 40回を迎えた今回は、出展ゾーンを「加工技術」「機器・装置・製品」「研究開発」「ビジネス支援」に再編するとともに、特設ゾーンとして「ロボット」及び「IoT」コーナーにおいては、ロボット、ICTに関する最新技術の実演や体験が出来るコーナーが設けられ、モビリティ、配送ロボット、プレス加工の自動化など、最新技術を体験していました。
 当所では、秦野市と共催で工業部会ブースを出展。会員企業14社が、各社の製品、技術をアピールしました。
 さらに、7日(木)には、工業部会、異業種研究会共催による展示会見学バスツアーを実施。27名が参加。
 出展各社は、新たな出会いを求め、来場者に製品、加工技術を熱心に説明していました。

ページトップ