文字サイズ

秦野商工会議所の沿革

昭和22年夏 秦野商工会議所設立に向け準備が始まる
昭和23年 1月15日 設立発起人会総会
昭和23年 4月15日 (社)秦野商工会議所設立総会
昭和23年 8月24日 商工大臣より(社)秦野商工会議所が県下9番目の商工会議所として許可される
昭和25年10月 8日 珠算能力検定試験を開始
昭和27年 4月 1日 中小企業相談所を設置
昭和31年11月 第1回優良従業員表彰式
 
昭和33年 6月14日 (初代)商工会議所会館を取得(秦野市曽屋2,712番地の1)
昭和34年12月15日 失業保険事務組合の認可を受ける
昭和35年10月 1日 小規模企業経営改善普及事業に基づく中小企業相談所を設置
昭和35年12月 7日 西秦野町商工会創立
(昭和42年8月9日秦野市西商工会に名称変更)
昭和41年 4月 7日 労災保険事務組合の認可を受ける
昭和44年 6月 8日 簿記検定試験 秦野単独での試験を開始
昭和45年 9月 1日 秦野地区特定退職金共済制度発足

初代会館

昭和47年 3月25日 (二代目)商工会議所会館落成 (秦野市落合340-1)
昭和51年 3月27〜28日 第1回秦野市商工まつり開催
昭和57年 7月 8日 商工会議所青年部設立
昭和62年 6月 3日 商工会議所婦人部設立(現女性会)
平成  7年 4月 1日 商工会議所・西商工会と合併

二代目会館

平成10年 5月 1日 (三代目) 現商工会議所会館オープン (秦野市平沢2,550-1)

三代目会館

ページトップ